2009年08月23日

に和歌山県白浜町のサンゴ礁、ゲリラ豪雨の影響で壊滅ついて考える

和歌山県白浜町のサンゴ礁が、ゲリラ豪雨の影響で壊滅したようよ。



和歌山県白浜町の田辺湾沿岸で、海面から水中1.5メートルの岩礁に生息し、水面からでも色鮮やかぁ花畑のように見えたたサンゴ達が、今夏の大雨の影響で壊滅したちゅうわ。

消滅してしもたぁ〜サンゴは、骨格を持たず「ソフトコーラル」と呼ばれる赤やオレンジ色のウミトサカ類やヤギ類のようよ。

黄色いキサンゴ類は骨格だけが残って白化しちゃるちゅうわ。

先月初旬に和歌山県中南部を襲ったゲリラ豪雨で、海水とは浸透圧や成分のちゃう雨水が大量に流れ込んで湾内の海面を長時間覆ったため、サンゴの肉質が溶けるやらなんやらして死んだようよ。

ゲリラ豪雨が頻発すれば、浅いとこに生息する海洋生物は打撃を受け続け、生態系が大きく変わってしまうちゅうわ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090823-00000002-maip-soci
お探しの情報は見つかりましたか?こちらも面白いですよ♪


| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


SEOSEOツール

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。