2009年07月31日

ネットカフェで出産、男児が便器内で死亡の隠された理由

ネットカフェで出産された男児が便器内で死亡しちゃった事件があったようよ。



東京都渋谷区宇田川町のビル6階のインターネットカフェで、店員が女子トイレで生後間もない男児を発見し、110番したちゅうわ。

男児は病院に搬送されたが、約1時間後に死亡が確認されたようよ。

男児は裸でへその緒が付あったまんまやったちゅうわ。

ネットカフェの利用客がトイレが詰まってると店側に知らせ、点検したとこ、男児が便器内に沈んでいるのが見つかったようよ。

警視庁渋谷署は7月30日、母親で住所不定、無職、永末瑞羽容疑者(23)を保護責任者遺棄致死容疑で逮捕したちゅうわ。

同署によると、永末容疑者は「産み落として放置した」と容疑を認め、「どうしてええかわからなくなってしもたぁ〜」やらなんやらと供述しちゃるようよ。

小中学生の母親ならいざ知らず、23歳にもなってどうしてええかわからなくなってがきゃを捨てる人ってるんやね。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090730-00000121-mai-soci
お探しの情報は見つかりましたか?こちらも面白いですよ♪


| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


SEOSEOツール

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。