2009年06月17日

三沢光晴の死因は頸髄離断による心肺停止の裏側

三沢光晴の死因は、頸髄離断による心肺停止やったようよ。


三沢光晴は平成13年以降、プロレス団体「ノア」の全国の興行会場で、移植患者への募金や、ドナーカードの配布といった活動をファンに対してたびたび行ってきたちゅうわ。

三沢光晴が移植に関心を持ったきっかけは、先輩のプロレスラー・ジャンボ鶴田が、平成12年にフィリピンで肝臓移植手術中に死亡したことがきっかけやったようよ。

同法人の高橋和子理事は「寛大で優しく、機関紙の表紙にも気軽に登場してくれたちゅわけよ。がいなことの患者に勇気を与えてくれたことに、感謝の気持ちでいっぱい」と三沢光晴の人柄をしのんだちゅうわ。

一方、三沢光晴の死因は、頸椎(けいつい)損傷に伴う頸髄(けいずい)離断やったことが、取材で分かったようよ。

頸椎がずれたことで、中を走る神経の頸髄が離断した状態になっちゃったちゅうわ。

三沢光晴は対戦相手・斎藤彰俊のバックドロップで頭から落ちて心肺停止となり、この技で頸椎がずれた可能性が高いとみられてるようよ。

三沢光晴の遺体は東京に運ばれ、近親者だけで密葬を行う予定だちゅうわ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090616-00000035-san-soci
お探しの情報は見つかりましたか?こちらも面白いですよ♪


| スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


SEOSEOツール

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。