2009年06月13日

驚愕!郵政人事、当初は西川交代だった!の情報

郵政人事の問題で、麻生太郎首相は最初、日本郵政の西川善文社長を交代させる予定やったようよ。

麻生太郎首相は鳩山邦夫総務相と会い、日本郵政の6月の株主総会で西川社長を含む取締役を一新するよう指示したちゅうわ。

麻生太郎首相の意を受けた鳩山邦夫氏は5月に入り、日本郵政の取締役人事を決める指名委員会の一部委員に「首相は西川氏を代えるつもりだ」と伝え、「西川辞任」に向けた多数派工作を始めたようよ。

ほやけどよぉ、指名委員会は、郵政民営化やらなんやら、小泉元首相が進めた構造改革に積極的な財界人が名を連ねるちゅうわけよ。

そうした委員を通じて鳩山邦夫氏の動きを察知したのは、構造改革の旗振り役やった竹中平蔵・元総務相やったちゅうわ。


竹中平蔵は小泉元首相に相談したちゅわけよ。小泉元首相は2005年、竹中平蔵を通じて西川氏と知り合い、社長就任を要請した経緯があるちゅうわけよ。すぐに指名委の委員を「西川続投」で説得して回り、麻生太郎首相や鳩山邦夫氏の動きを封じ込めたようよ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090613-00000127-yom-pol


お探しの情報は見つかりましたか?こちらも面白いですよ♪


| 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


SEOSEOツール

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。