2009年06月10日

準強制わいせつ罪の産婦人科医の無罪確定への隠された理由

準強制わいせつ罪の産婦人科医の無罪が確定し、福岡高検は上告することを断念したようよ。

プレイに役立つ基礎看護(女性患者篇)

診察を装い女性患者3人の下半身を撮影するやらなんやらしたとして準強制わいせつ罪に問われて、福岡高裁で逆転無罪判決を受けた産婦人科医平嶋仁博被告(45)について、福岡高検は10日、上告を断念する方針を固めたちゅうわ。

福岡高裁は5月28日、診療行為やったとする産婦人科医の供述を「不合理と排斥できるか」として、患者2人の事件で準強制わいせつ罪として有罪と認めた一審判決を破棄して、無罪を言い渡したようよ。

同高検の庄地保次席検事は「判決内容を検討したが、適切な上告理由を見いだすことは困難と判断した」と話しちゃるちゅうわ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090610-00000083-jij-soci
お探しの情報は見つかりましたか?こちらも面白いですよ♪


| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


SEOSEOツール

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。