2009年06月03日

ホテルの一酸化炭素(CO)中毒で死亡事故、ボイラー管に亀裂の真相とはこれだ!

ホテルの一酸化炭素(CO)中毒で死亡事故で、ボイラーの管に亀裂が入っちゃった可能性があるようよ・・・稲川淳二の最新・怖い話


山口県美祢市の山口秋芳ホテルプラザで、修学旅行に同行しちゃったカメラマンが一酸化炭素(CO)中毒で死亡、児童らが不調を訴え病院に搬送された事故で、山口県警が6月3日、山口秋芳ホテルを現場検証したとこ、建物外側の給湯用ボイラーの管に亀裂が入ってる可能性が高いことが分かったちゅうわ。

ボイラー管に亀裂は2〜3階部分のようよ。

山口県警によると、ボイラーは地下に2機設置されており、このうちの1機の2〜3階部分の管から検証用に流した煙が漏れたちゅうわ。

ボイラー管は板やらなんやらで覆われており、外見上は亀裂は確認できるかようで、ボイラーにはプロパンガスを使用しちゃったようよ。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090603-00000128-jij-soci


お探しの情報は見つかりましたか?こちらも面白いですよ♪


| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


SEOSEOツール

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。