2009年06月03日

驚愕!一酸化炭素(CO)中毒22人搬送、1人死亡の情報

山口県・秋芳町のホテルで、一酸化炭素(CO)中毒22人搬送、1人死亡したようよ。

6月2日、山口県美祢(みね)市秋芳(しゅうほう)町秋吉の「山口秋芳プラザホテル」で体調不良を訴えてる女性がいる、と119番があったちゅうわ。

美祢(みね)市消防本部の消防隊員が急行したとこ、修学旅行の宿泊客らが吐き気やらなんやらを訴えており、3日午前0時現在で計22人が同市や山口市やらなんやらの5か所の病院に搬送されたようよ。

いずれも一酸化炭素(CO)中毒に陥っており、旅行に同行しちゃった関西美術印刷(奈良市)所属のカメラマン川副浩明さんはん(26)が死亡、男性教員(49)も一時、意識不明になりくさったちゅうわ。

山口県警は、ホテルのガス設備の不完全燃焼が原因で一酸化炭素が発生した可能性もあるとみて、業務上過失致死傷での立件も視野に、従業員らから事情を聞くやらなんやら捜査を始めたようよ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090602-00000811-yom-soci
お探しの情報は見つかりましたか?こちらも面白いですよ♪


| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


SEOSEOツール

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。