2009年05月30日

村上春樹の新刊「1Q84」、発売日に68万部について考える

村上春樹の新刊「1Q84」が、なんと発売日に68万部を記録したようだ。

村上春樹の新作長編小説「1Q84」(全2巻)が全国の書店に並んだ5月29日、出版元の新潮社は3度目の増刷を決め、部数は累計で68万部に上ったちゅうわ。

発売日に4刷68万部ちゅう数字について、新潮社は「新潮社史上空前の記録」としちゃるようよ。

「1Q84」は村上春樹の5年ぶりの長編で、初版は2巻合わせて38万部やったちゅうわ。

ほやけどよぉ、村上春樹の新刊「1Q84」には予約が殺到したため22、28、29日に10万部ずつの増刷が決まったようよ。


「1Q84」は、1984年の日本を舞台にカルト教団の謎を描いてるが、新潮社は発売前に内容を一切公表しなかったちゅうわ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090529-00000081-mai-soci


お探しの情報は見つかりましたか?こちらも面白いですよ♪


| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


SEOSEOツール

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。