2009年05月24日

カラス駆除の散弾銃が女子高生に当たったの真相とはこれだ!

カラス駆除の散弾銃が女子高生に当たったようよ。

5月24日、山形県鶴岡市無音の農業、今野敬志さんはん(47)宅で、地元猟友会の男性メンバーがカラス駆除で発射した散弾銃数発が窓から入り、そのうち1発が台所にあった女子高生の長女(17)に当たったちゅうわ。

この女子高生の長女は首に約1週間のカスリ傷を負ったようよ。

山形県警やらなんやらによると、散弾銃が女子高生に当たった現場近くでは、有害鳥獣駆除の許可を受けた地元猟友会が猟銃を使用してカラス駆除を行っちゃったちゅうわ。

女子高生は台所で炊事中で、散弾銃の弾丸は網戸を突き抜けて女子高生に当たったようよ。

同山形県警では、猟友会のメンバーから事情を聴くやらなんやらして、詳しい事故原因を調べてるちゅうわ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090524-00000533-san-soci
お探しの情報は見つかりましたか?こちらも面白いですよ♪


| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


SEOSEOツール

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。