2009年04月21日

毒物カレー事件、林真須美被告の死刑確定に関して面白い発見!

毒物カレー事件の林真須美被告の死刑が確定したようよ。

毒入りチョコはキスの味

和歌山市で1998年に起きた毒物カレー事件で、殺人罪やらなんやらに問われた林真須美被告(47)に対し、最高裁第3小法廷は4月21日、上告を棄却する判決を言い渡し、死刑とした1、2審判決が確定するようよ。

小法廷は毒物カレー事件について、目撃証言やらなんやらの状況証拠を挙げ「被告が犯人であることは合理的な疑いを差し挟む余地のない程度に証明されてる」と異例の言及をしたうえで「無差別大量殺傷の卑劣さ、残忍さは論をまたないちゅわけよ。社会に与えた衝撃は甚大で刑事責任は極めて重大」と述べたちゅうわ。

2審の事実認定を変えず死刑判決を維持する場合、最高裁は通常、量刑理由だけを述べるはずよ。

ほやけどよぉ、社会を震撼(しんかん)させた一方で直接証拠の無い毒物カレー事件の特質を考慮して、事実認定の理由にも踏み込んだようよ。

量刑の理由について「殺害された4人は何ら落ち度がないのに楽しいはずの夏祭りの最中で突如前途を絶たれ、無念さは察するに余りあるちゅうわけよ。後遺症に苦しんでいる者もおり結果は誠に重大だ」と指摘し、「被告のために酌むべき事情を最大限考慮しても死刑を是認せざるを得ない」と結論付けたちゅうわ。

死刑が確定した林真須美被告(47)の夫(63)は、和歌山市の自宅で取材に応じ、「無罪を確信する気持ちに変わりはないちゅわけよ。真須美は犯人ちゃう、ちゃう」と語ったちゅうわ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090421-00000161-jij-soci




お探しの情報は見つかりましたか?こちらも面白いですよ♪


| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


SEOSEOツール

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。