2009年04月13日

全日空533便(ANA機)、後部が滑走路に接触について考える

全日空533便(ANA機)が、機体後部を滑走路に接触させたようよ。



4月12日午前10時40分ごろ、高知県の高松空港で、着陸しようとした羽田発の全日空533便が、機体後部の「テールスキッド」と呼ばれる部分を滑走路に接触させたちゅうわ。

全日空533便はもっかい上昇し、約20分後に着陸したが、幸い乗客94人、乗員8人にけがやらなんやらはなかったようよ。

滑走路には、幅15センチ、深さ2ミリの傷が長さ74メートルに渡ってできたが、離着陸に支障はないとして、通常通り運行を続けたちゅうわ。

全日空(ANA)によると、「テールスキッド」は、離着陸時に機体後部が滑走路に接触するのを防ぐバンパーの役割を果たすようよ。

今回の全日空533便は、衝撃の強い着陸になると機長が判断し、もっかい上昇しようとした際に接触したとみられるちゅうわ。

塗装が一部はがれただけやったため、全日空533便は乗員を入れ替え、約2時間遅れで那覇便として運行を続けたようよ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090412-00000033-mai-soci




お探しの情報は見つかりましたか?こちらも面白いですよ♪


| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


SEOSEOツール

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。