2009年03月22日

「愛人募集」で30人が詐欺被害…無職男の手口の裏情報って?

『年収4500万円の社長 月50万円で愛人募集』

愛人・淫魔(インキュバス)


インターネットの掲示板に上記のような書き込みをして、応募してきた女性から現金をだまし取ったとして、詐欺容疑で無職男が逮捕、起訴される事件があったちゅうわ。

この無職男は現在公判中で、被害者は約30人にも上ることが判明しちゃるようよ。。

高額な“手当て”につられた女性の心理に付け込んだこの無職男の犯行動機も最悪で、出会い系サイトで女性に会えなかった“腹いせ”ちゅう歪んだものやったちゅうわ。

この無職男は、長野県松本市の横川寛孝被告(31)。

この横川被告は昨年8月ごろ、インターネットの出会い系サイトに『会社役員 年収4500万円 2つの会社を経営 月50万円で愛人募集』やらなんやらと書き込み、9月中旬に申し込んできた新潟県内の20代の女性事務員と面会し、月50万円を支払う愛人契約を結んだちゅうわ。

さらに「契約金は会社の金で払うので、経理担当に怪しまれへんよう最初は投資する形にしてほしいちゅわけよ。あとで金は返すから」やらなんやらと架空話を吹き込み、現金10万円をだまし取ったようよ。

その後の捜査で余罪が相次いで判明。

横川被告が現金をだまし取った女性は10都県の30人に及び、被害額は最高額300万円を含め、総額でなんと750万円以上になるちゅうわ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090322-00000506-san-soci



お探しの情報は見つかりましたか?こちらも面白いですよ♪


| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


SEOSEOツール

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。